kit.kato.kotoHOME | GALLERY | EVENT | BOOKS | BBS | COLUMN | LINK | DIARY

gallery
■MAKING■・・・カラーイラストが出来るまで・・・
......................................................................................
1. 主線2. 影付け3. 基本色4. 濃い色付け5. 細部色付け6. 完成
gallery
サンプル画像

ここでは私がパソコン上でカラーイラストを描く過程を大雑把に紹介したいと思います。

いろいろな絵描きさんのサイトを見ると、CG講座なるものをよく見かけます。
どうせイラストを見てもらうなら、ちょっと舞台裏も覗いていただこうか……と思い、こんな場所を作ってみました。
はじめにお断りしておくのは、CGは全くの自己流であること。
もっとスマートな加工方法があるとは思うのですが、私が教えて欲しいです。

と、いうことで、まずは左の絵を実験材料でご紹介。

.............................................................................
・使用PC.....Mac.OS.8.6
・使用ソフト.....Adobe Photoshop 6.01
.............................................................................

gallery
▼1・主線........................................

主線
主線アップ
主線レイヤー
■主線・取り込み→修正加工................................

まず普通にペン描きしたものをスキャナーで取り込みます。
この時は印刷に出す予定でしたので解像度は350pixel/inch、CMYKカラーで。

[イメージ]の[色調補正]の中にある[レベル補正]で白黒をはっきりさせます。
フォトショップの場合、普通に背景色を白にして取り込むと、その絵は[背景]になりますが、これは後で使いまわすので、レベル補正をしたらそのまま保存。[背景]のコピーしたレイヤーを[主線]にして使用します。

[主線]レイヤーの白い部分を選択して消去(要アンチエイリアス)。透明にします。透明にしてしまうと、後々作業が分かりづらいので、その後ろに白く塗りつぶしたレイヤーを作って見やすくしています。ついでにゴミも取ります。特に顔は念入りにやらないと、後々シミやくすみの原因に。

終わったら、透明部分に[ロック]をかけて、書き込めないように保護します。

TOP


主線色付き
主線色付きアップ
主線色付きレイヤー
■主線の色付け................................

墨色ではつまらないので主線に色をつけます。
先の作業で透明部分に色がつかないようにされているので、気に入った色をまずは選んで[塗りつぶし]ます。今回の絵ではちょっと紫っぽいグレーを使用。

主線のレイヤーは[乗算]モードにしておきます。付けた色が明るめのグレーなので、こうすると下に来るレイヤーの色と重なって微妙に主線の色も変化します。微妙すぎて作者の自己満足にしかならない危険もありです。

微妙の駄目押しで[主線]レイヤーの透明度も変えておきます。これも好みで大体50%から70%の間で。

TOP


主線柄
主線柄アップ

主線柄色アップ
主線柄色レイヤー
■主線・柄................................

別に描いておいた着物や小物の柄模様をスキャナーで取り込み、はめ込みます。加工方法は主線と同じ。線を残して透明部分をロックし、色を付けます。今回は金色……に見える黄土色で。

以上でおおまかな主線の作業は「ひとまず」終了。次の作業に移ります。2. 影付けへ。

TOP


・1. 主線・2. 影付け3. 基本色4. 濃い色付け5. 細部色付け6. 完成

Copyright